茶草場農法まだまだ続く


クローラーで茶草場を行く

茶草場農法まだまだ続く

1月とは思えないような暖かさが続く中
茶草を切ったり敷いたりの作業は続いています。

今日は高低差のある昔は棚田だった茶草場でクローラーを使っての茶草運び
以前は肩に担いでいましたが一度に25束を運べる機械の力はありがたい!

午前中にカッターで60束切って茶園に運び畝間に敷き込みます。
午後も60束を切り翌日に茶園に敷く作業が続いていますが雨が降ってしまうと茶草が乾くまで作業は出来ません。
今年は雨が多く作業は遅れ気味・・・・。

茶草を切ると埃が多くヤッケ無しでは辛いのですが今年は暖冬でヤッケの下はTシャツ一枚でも汗をかきながらの作業!!正月で食べ過ぎ、体重の増えてしまった私には素晴しいダイエット方法となっています(^_^;)

投稿者 お茶芽

クローラーで茶草を運ぶ

カッターで茶草を切る

茶園に運ぶ

茶草を敷いた畝間の様子

カテゴリー: 農作業, 季節 冬, 世界農業遺産 | 茶草場農法まだまだ続く はコメントを受け付けていません。

2019年お礼を込めて!

正月飾り2


正月飾り1

2019年お礼を込めて!

今年も今日で終わり、いよいよ2020年が始まろうとしています。
遅霜の被害が大きかった1番茶から10月になっても気温が下がらず害虫の被害が収まらなかった
秋冬番茶と天候に振り回され、私は腰痛に膝通と痛い目に会い散々だった2019年
でも新しいお客様も沢山増え色々なイベントにも我家のお茶が好評で嬉しい一年でもありました。

一昨日からお飾りの準備に入り山へ裏白や松、笹、梅を採りに行ったり、昨日は寒い雨の振る中、お飾りを作り雨が止んだちょっとした合間にお墓から茶工場まで22個のお飾りをお供えし、今日はやっと大掃除となりました(^_^;)

そんなバタバタした中で、我家の山の傍らで今は使われなくなった古道の脇に立つ馬頭観音にもお参りできて優しげなお顔を拝めたことが嬉しかったです。

馬頭観音

今年も倉沢園のお茶茶を飲んでいただき本当にありがとうございました。来年も美味しいお茶を造れるように一生懸命茶園に茶草を敷き、時々棚田の活動やNHKのラジオにも出演しながら健康にも気を配り頑張っていきますので2020年も我家のお茶を宜しくお願いいたします!!

投稿者 お茶芽

カテゴリー: 年中行事, 季節 冬, 世界農業遺産 | 2019年お礼を込めて! はコメントを受け付けていません。

釣鐘人参と吾亦紅

ツリガネニンジン

吾亦紅1

吾亦紅2

釣鐘人参と吾亦紅

やっと朝晩は涼しくなり秋を感じられるようになりました。
今、茶草場では釣鐘人参(ツリガネニンジン)や吾亦紅(ワレモコウ)が咲き始めています。

特に私が好きな吾亦紅は我家の茶草場に多く咲いていて
今年も吾亦紅に逢えたなって嬉しくなります。

作家で歌人の高浜虚子は「吾も亦紅なりとひそやかに」と詠みましたが
つつましく、ひそやかに、しかし凛として咲く吾亦紅の姿は秋の茶草場によく映えます

投稿者 お茶芽

カテゴリー: 生き物, 季節 秋, 世界農業遺産 | 釣鐘人参と吾亦紅 はコメントを受け付けていません。

お客様はニホンイシガメ?

イシガメ1

お客様はニホンイシガメ?

9月になっても暑い日が続いていますが昨日の午後庭先に珍客が現われました。
なんとニホンイシガメの赤ちゃん!
数年前までは我家に続く道路でよく生まれたばかりのイシガメを見掛け、車に轢かれ瀕死の小亀を大きくなるまで数年飼ったこともありましたが最近は見かけなくなっていました。

今日の珍客も孵化したばかりで川を目指しての旅の途中だったのでしょう。しかし我家から川までの距離は200m程、高低差は20mと生まれたての赤ちゃんには厳しい距離、しかも暑さで甲羅は乾き芝に足をとられ動くのもやっとの様子、急ぎ水をかけてみましたが動きは鈍く、ひとまず以前飼っていた亀吉くんの水槽に入れて一晩お泊りしていただくことにしました。

朝になってみると元気を取り戻していたので安全に川に行くことができる水路に放流しました。
又、飼ってみたいなぁとも思いましたが自然に生きるのが亀にとって一番の幸せ、元気に大きく育って!!

投稿者 お茶芽

イシガメ2

イシガメ3

カテゴリー: 生き物, 季節 夏 | お客様はニホンイシガメ? はコメントを受け付けていません。

鈴与いいね!プロジェクト夏休みの和紅茶づくり体験

和紅茶づくり1

鈴与いいね!プロジェクト夏休みの和紅茶づくり体験

今年から「せんがまち」の棚田で酒米の栽培に挑戦している鈴与さんの「いいね!プロジェクト」の皆さんが夏休み和紅茶づくり体験を8/24におこないました。

総勢50名という大人数での和紅茶づくりは初めてのことで我家では娘夫婦と妻も加わり総動員でのイベントになりました。今回使用した茶葉は8月初旬にZ1(ゼットワン)を収穫し萎凋させたものを冷凍保存し当日に備え、短い時間で揉捻と発酵を済ませ乾燥までに要した時間は3時間!!

それでも参加した皆さんが一生懸命力を込めて揉捻をして頂いたおかげもあってなんとか見た目には紅茶に近い感じに仕上がりチョッと一安心。(^_^;)
今回も世界農業遺産「静岡の茶草場農法」を知っていただく良い機会となりました。

和紅茶づくり2

参加していただいた皆さんありがとうございました。

投稿者 お茶芽

カテゴリー: お知らせ・イベント, お茶造り, 季節 夏, 世界農業遺産 | 鈴与いいね!プロジェクト夏休みの和紅茶づくり体験 はコメントを受け付けていません。

桔梗(キキョウ)と女郎花(オミナエシ)が咲きました。

桔梗

桔梗と女郎花が咲きました。

今年も茶草場では桔梗と女郎花が咲き始めました。
秋の七草のこの花たちも今ではなかなか見ることはできません。
桔梗も女郎花も地域によっては絶滅危惧種となっている貴重な花となってしまいました。

桔梗も女郎花も自然の中では他の背の高い笹やススキに負けまいと一生懸命大きく育ち
1メートルを越す高さで花を咲かせます。
ホームセンターで売っている物とは力強さが違い、気高く凛とした美しさを感じられる、そんな花たちです。

毎年茶草を刈ることによって守られてきた貴重な花たちを見ることができて
今年もチョッと安心しました。

投稿者 お茶芽

女郎花

カテゴリー: 生き物, 季節 夏, 世界農業遺産 | 桔梗(キキョウ)と女郎花(オミナエシ)が咲きました。 はコメントを受け付けていません。

撫子(ナデシコ)咲き始めました。

ナデシコ

撫子(ナデシコ)咲き始めました。

今年も我家の茶草場に撫子が咲き始めました。
撫子は河原撫子と言い秋の七草の一つでもあり万葉集でも撫でる様に可愛がるということで女性と掛けて読まれ
小さな愛らしい花の様子から大和撫子の語源となったとも言われています。

大和撫子といえば21日に棚田で撮影会をしていたコスプレイヤーの皆さんも現代の大和撫子と言えるでしょう。
見た目は派手でしたが礼儀正しき乙女達でした。

投稿者 お茶芽

大和撫子


大和撫子2

カテゴリー: 生き物, 季節 夏, 世界農業遺産 | 撫子(ナデシコ)咲き始めました。 はコメントを受け付けていません。

「田んぼの学校」指導者養成研修in静岡

田んぼの学校」指導者養成研修in静岡

(一社)地域環境資源センター主催の「田んぼの学校」指導者養成研修in静岡が「せんがまち」で7/12・13日に行われ、北は岩手県、南は鹿児島県からの参加者を迎え、私たちの棚田での活動を講師として皆さんに紹介させていただきました。

又、棚田での活動だけでなく世界農業遺産「静岡の茶草場農法」もしっかりPRし2日間の研修の間、我家のお茶を飲んでいただき、娘はしっかり販売をして皆さんにお土産としてもご購入いただきました。
ありがとうございました!!

今回の研修を通じて全国各地で私達と同じ志を持って棚田や田んぼに住む生き物たちを未来に残し子供達に伝えていこうとしている皆さんとお会いできたことがとても嬉しく感じられました。

この様子はNHKラジオ第一マイあさ!で7月18日あさ5時17分頃から私がレポータとしてお話をしますので早起きをした方は是非お聞き下さい。

投稿者 お茶芽

田んぼの学校指導者養成研修

田んぼの学校指導者養成研修2

カテゴリー: お知らせ・イベント, 季節 夏, 世界農業遺産 | 「田んぼの学校」指導者養成研修in静岡 はコメントを受け付けていません。

紅茶づくり体験開催しました。

紅茶づくり

今日は棚田のイベントとしても恒例となった紅茶づくりをしました。
参加者は静岡大学の学生さんと棚田オーナーの皆さんで23名

使用した茶葉は我家のZ1で先日娘と収穫し24時間の萎凋の後
冷凍保存したもので講師は私、妻と娘夫婦がお手伝いをしてくれました。

実は2月にも冷凍茶葉を使って開催したのですが発酵が進まずウーロン茶のような
番茶のような微妙な出来となりました。

今回も7月としては低い気温で発酵が心配でしたが揉捻後の茶葉を包み我家の茶工場で60℃程度
に設定した乾燥機に入れて発酵をさせるという裏技で何とか完成させました。

今年は8月にも予定している紅茶づくり体験ですが世界農業遺産のPRにも
又、倉沢園のPRにもなる楽しいイベントになっています。

投稿者 お茶芽

紅茶づくり1

紅茶づくり2

紅茶づくり3

カテゴリー: お知らせ・イベント, お茶造り, 世界農業遺産 | 紅茶づくり体験開催しました。 はコメントを受け付けていません。

お茶刈りとヤマモモ

ヤマモモ1


ヤマモモ2


お茶刈り

お茶刈りとヤマモモ

二番茶の収穫真っ盛りで忙しい毎日ですが
時には休憩にヤマモモの甘酸っぱい実を楽しんでいます。

今年はちょうど良い時期にヤマモモのある茶園のお茶刈りとなり
子供の頃に戻ったように手の平が赤くなるほどいっぱい採って食べてしまいました。

二番茶は全量問屋さんへ出荷するのですが今年は天候のせいもあって芽伸びが悪く
思ったほどの量が出来ません。
お天気にはホント敵わない・・・・。
でもヤマモモの美味しさには救われるナ~。

投稿者 お茶芽

カテゴリー: 農作業, 季節 初夏, 生き物 | お茶刈りとヤマモモ はコメントを受け付けていません。